美容外科看護師を目指している方は必見ですよ!

美容外科看護師が転職サイトを利用するメリット

転職先を探す場合、ハローワークや求人誌を利用するケースもあると思いますが、そこで公開さされている求人情報は、全体の約1割程度と考えてください。

情報量ももちろん、ハローワークに行くまでの時間や交通費、到着してからの待ち時間も考慮しなければいけません。求人誌を購入するにも費用がかかりますし、そのうえ、限られた紙面ではあまり詳しい情報は記載されていない 事が多いようです。

看護師転職サイトを就職活動に利用する最大のメリットとして、「豊富な情報量」が挙げられます。さらに、「条件の絞込み」により、勤務時間、給与、勤務地、勤務形態などを自分の希望する条件で選べることがで、いっそう利用しやすくない特徴となっています。

看護師転職サイトの中には、希望の勤務条件などを登録しておけば、条件に 合った求人が出たときにメールで連絡をくれるシステムもあります。 これなら、チャンスを逃さず、無駄な時間を使わずに転職先を見つけること ができますね。

また、このような登録型のサイトには、一般公開されている求人のほかにも、 非公開の求人情報を得られるところもあり、いっそうチャンスが広がります。 口コミや評判により、ある程度、職場の雰囲気をつかめるという点も、 インターネットを利用するメリットです。転職してから「こんなはずでは…」 という失敗を防ぐためにも、できるだけ多くの口コミや評判を参考にしてください。

看護師の転職は求人数のほうが多い“売り手市場”ですから、検索をかければ たくさんの情報を得ることができます。 1件1件くわしく見ながら比較していくのは大変な作業になりますから、 チェックした情報を保管しておける「お気に入りBOX」が付いたサイトが便利です。

サイトによっては、勤務条件の交渉や面接日時の設定までアドバイザーが代行してくれるところもあります。あとは、書類を用意して面接に向かうだけなので、他の時間を勉強等にまわすことも可能です。
公益社団法人 福岡県看護協会

透析看護師として働く

透析治療のサポートを行う看護師を透析看護師といいます。透析治療を受ける患者さんや医師のサポートする仕事となるわけですが、透析準備だけでなく、透析患者への穿刺や必要な機械の操作、バイタルサインチェック、抜針、止血なども行います。

透析看護師というと基本的に透析に関する仕事のみを担当することになるため、総合病院のように様々な知識・技術を学びたいと思っている人には向いていません。

ただ、これはデメリットでありながらメリットだと言うこともできます。担当する仕事が限られているということは、仕事を覚えやすいということでもありますよね。

病院では非常に幅広い業務を行い、知識を身に付けていかなければなりませんが、透析看護師として働く場合は一連の流れと知識を身に付けてしまえばベテラン透析看護師と同じようにスムーズな業務を行うことができるはずです。

透析看護師として働く大きな魅力は、基本的に仕事が時間通りに終わるということです。透析専門のクリニックで働く場合は、事前に予約の数が決まっていますよね。そのため、予定以上に大幅に仕事時間が伸びてしまったということもないのです。

それから、土日や祝日は休みになることが多いというのも魅力です。これは施設によって異なる場合がありますが、残業がなく、土日祝日が休みであることから透析看護師を選択する人もいます。

家庭と両立できなくて看護師の仕事を辞めてしまう人もいますが、その大きな原因になってしまうのが、家族と休日が合わないということではないでしょうか。家族と休みを合わせられる透析看護師であれば、看護師という仕事を無理なく続けていくことができるかもしれません。

注意しておかなければならないこととして、透析看護師はコミュニケーション能力が必要とされる仕事です。透析治療を受けにくる患者さんは常連である場合が多いので、働き始めたばかりの時期は患者さんと仲良くなるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

今後、需要は増えていく仕事だと言われているので、透析治療に興味がある人は透析看護師を目指してみてはどうでしょうか。

看護師の復職を成功させるために知っておきたいこと

復職や転職というとどうしても難しく考えがちですが、看護師という職業において職場を変えるというのは珍しいことではありません。

昔は一つの職場に非常に長く留まる人がほとんどではありましたが、現在は転職活動がしやすくなったということもあり、より自分に合った職場を探すために転職を繰り返す人もいるのです。

また、看護師という職業は女性が多いため、出産のたびに職場を離れ、一段落したら復職するというのもよくある話ですよね。 復職する人が多いということは、復職しやすい職業でもあるということです。

もちろん、新卒で入ったもののすぐに職場を離れてしまい、それから何年もブランクがあるという場合は簡単に復職することは難しいかもしれません。

ですが、多少ブランクがあっても経験がある看護師は優遇されるのです。

復職を成功させるためには、履歴書の書き方にも注意しましょう。 履歴書には前の職場を辞めた理由を書かなければなりませんが、出産によって職場を離れたということであれば、正直に子育て、結婚などと書くといいですね。

離職前に長く働いていたということであれば、それをアピールポイントにすることができます。 ただ、経験が少ない状態で辞めてしまうと履歴書で何をアピールすればいいのかわからなくなってしまうかもしれません。

そういった場合は、これからどのようなことを学び、どのように活躍していきたいのかというやる気を伝えるといいでしょう。 離職前には別の科に勤めていたものの、他の科で復職したいと思っている場合はその科を選んだ理由について聞かれます。

ここであいまいな返事をしてしまうと印象が良くないので、履歴書ではその職場や科を選んだ理由とやる気を伝えられるように工夫しましょう。

実は、履歴書には問題がないものの面接日の服装の印象が悪く、面接が不利になってしまっている人もいます。 フォーマルなスーツやジャケットが無難ですね。

看護師という職業は清潔感が重視されるため、マニキュアや厚化粧はやめましょう。